Event is FINISHED

LIVE & TALK『英国ロックにみるカウンターカルチャーの系譜』

Description

英国ロックに脈々と流れる
カウンターカルチャーのエネルギーを辿る!

ロックミュージシャンの多くが若き日にアートスクールで学んでいるのはよく知られた事実です。ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)、キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)、ジョン・レノン(ビートルズ)等々、往年のロックスターたちはそこで何を学んだのでしょうか?

彼らのレコード・ジャケットやファッションといったヴィジュアルへのこだわり、アーティストとしての自覚はアートスクールで培われたのかもしれません。

本イベントでは、YouTubeでカルトな音楽談義を配信している三船雅也さん(ROTH BART BARON)と、岡田拓郎さん(ex.森は生きている)、そして音楽ディレクター/ライターの柴崎祐二さんをお招きし、ライブパフォーマンスも交えながら、英国ロックが代々受け継いできた反骨精神について、ディープに紐解いていきます。

-----
開催日時:3月30日(土) 13:00〜15:00(開場 12:30〜)
会場:日本工業倶楽部(東京都千代田区丸の内1-4-6)
料金:無料(Peatixにて要事前予約)
主催:三菱一号館美術館
企画協力:cinra.net
出演:
三船雅也(ROTH BART BARON)
岡田拓郎(ex.森は生きている)
柴崎祐二(音楽ディレクター/ライター)
野口玲一(三菱一号館美術館 学芸員)

-----
13:00〜14:00 第1部 『BIZARRE TV-三船と岡田-』#special
出演:三船雅也(ROTH BART BARON)、岡田拓郎(ex.森は生きている)、柴崎祐二(音楽ディレクター/ライター)

三船雅也さんと岡田拓郎さんが、音楽についてカルトにお届けしている YouTube番組『BIZARRE TV』。特別ゲストに音楽ディレクター / ライターの柴崎祐二さんを迎えし、スペシャル版として開催。ライブを取り混ぜながら英国ロックの歴史をディープに辿ります。

14:00〜15:50 第2部 ミュージシャンから観る『ラファエル前派の軌跡』展
出演:三船雅也(ROTH BART BARON)、柴崎祐二(音楽ディレクター/ライター)、野口玲一(三菱一号館美術館 学芸グループ長)

『BIZARRE TV』から引き続き、第2部では現在開催中の三菱一号館美術館『ラファエル前派の軌跡』展を題材に、ミュージシャンの視点から観た魅力や見どころを徹底解説します。

ラファエル前派同盟は、19世紀英国の若きアーティストたちが当時のアカデミーに反旗を翻して結成されました。形骸化した芸術に異を唱え、自分たちに切実な表現を手に入れようとしたのです。

英国のアートスクールの起源は、ラファエル前派の後継者といえるウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフツ運動と関わりがありました。英国ロックの立役者たちの多くがアートスクールで学んでいるのはよく知られていますが、彼らの反骨の精神や、表現者としての自覚は、ルーツをたどるとラファエル前派に行き着くのかもしれません。「ラファエル前派の軌跡展」について、音楽マニアな観点でその楽しみ方を紹介します。



出演:


三船雅也(ROTH BART BARON)

1987年、東京世田谷区生まれ。
2009年に ROTH BART BARON を結成。自主制作にて3枚のEPをリリースしたあと、felicityより3作のフル・アルバムを発表。バンドは〈FUJI ROCK FESTIVAL〉や〈SUMMER SONIC〉など大型フェスにも出演。また、中国・台湾・モンゴルを回るアジア・ツアーや、NYやボストンなど北米7都市を回るUSツアーなど、海外でのツアーも精力的に展開。2017年2月には、故デヴィッド・ボウイ生誕70年を記念する〈CELEBRATING DAVID BOWIE JAPAN〉に日本人ソロ・ゲストとして、田島貴男、吉井和哉と共に出演、エイドリアン・ブリュー、マイク・ガーソンらが務めるボウイ・バンドの演奏のもと“All The Young Dude”を披露。音楽とヒグマをこよなく愛す。趣味は写真。


岡田拓郎(ex.森は生きている)
東京を拠点にギター、ペダル・スティール、マンドリン、エレクトロニクスなどを扱うマルチ楽器奏者/作曲家。2012年にバンド、森は生きているを結成。P-VINE より『森は生きている』『グッド・ナイト』をリリース。2015年に解散。個人活動として、ダニエル・クオン、ジェームス・ブラックショウなどのレコーディング、ライヴに参加。2015年には菊地健雄監督の映画「ディアーディアー」の音楽を担当、また映画「PARKS パークス」への楽曲提供や South Penguin の作品プロデュース、okada takuro+duenn としてコラボ盤リリースを行う一方、「Music Magazine」を始め多くのメディアにて執筆も行う。
2017年ソロ名義 Okada Takuro として Hostess からデビュー・アルバム『ノスタルジア』、2018 年に『The Beach EP』をリリース。


柴崎祐二
1983年、埼玉県生まれ。2006年よりレコード業界にてプロモーションや制作に携わり、これまでに、シャムキャッツ、森は生きている、トクマルシューゴ、OGRE YOU ASSHOLE、寺尾紗穂など多くのアーティストのA&Rディレクターを務める。現在は音楽を中心にフリーライターとしても活動中。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#420267 2019-03-22 00:41:31
Sat Mar 30, 2019
1:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
千代田区丸の内1丁目4−6 Japan
Organizer
CINRA.NET
1,253 Followers